こんな時に遺言が

遺言の実例

遺言の事例として、実際に遺言を作成された内藤さん(仮名)のお話を伺ってみましょう。

なぜ遺言を作成しようと思われたのですか?

そうですね、いざという時に備えて、という気持ちが強いですね。いつ自分の身に何が起こるかもわかりませんし、何かに備えたいと言う感じですね。遺言なんて言うと普段考えるものではありませんし、どうしても湿っぽいイメージが拭えない方もいらっしゃるかもしれませんが、逆に遺言を作成したことで相続に対する心配が払拭されて良かったです。将来どうなってしまうんだろうとか、そういう心配って常にありますけれど、遺言を作成したことで一段落ついたというか、安心した気持ちがあります。

遺言の作成で気をつけたことはありますか?

遺言と言っても、ルールに沿った形で記入しなければ法的な効力を発揮しないという問題があると聞いたことがあります。これは中々難しい問題ですよね。素人が何となくで作成してしまうと、結局意味がないものになってしまうという事は正直恐れていました。せっかく作成しても、死後それが使い物にならない遺言だったりする恐れがあると言われても、死亡した後では本当にどうしようもありませんからね。

なるほど、では「正しい遺言」を作成するコツなどはありますか?

私個人としては、こうした文書作成のプロである行政書士さんに相談することにしました。やはりプロだけあって、適切な遺言作成をしてもらえるとという事でとても安心した覚えがあります。また、遺言にも色んな種類があって、その内容などによって適したものがあるということも伺いました。

遺言にも色々な種類があるんですね

はい、自筆証書遺言などの他にも、秘密証書遺言など色々なタイプがあるということを聞きました。しかしこれらのうちどれを選択したらよいものかというのは、その状況によって異なったりするわけです。しかも素人にとってはどれが最適か、ということは全然わからないわけです。ですからやはり行政書士さんにどうすれば良いかを相談して良かったです。

どの遺言にして良いかわからない時は専門家に相談

以上のお話のように、遺言といってもその種類は多岐にわたります。そのため、いつどのタイミングで、どんな遺言を書けばいいのかということは、多くの方にとってわかりにくいという現実があります。だからこそ、専門家に相談することによって、適切な対応ができるようになるというわけです。遺言をどうしようかなと思い始めたら、まずは行政書士など専門家に相談するのがベストだと言えるでしょう。

札幌の相続

札幌の相続でお困りの際は行政書士にご相談ください。

札幌で相続・遺言専門の行政書士事務所です。相続や遺言の悩みを解決いたします。お気軽にお問い合わせください。