遺言の効力発生時期

遺産相続などにも関わってくる事でもありますが、遺言がその効力を発生させる時期というのはいつからなのでしょうか。

遺言というのは遺言をした人が死亡した時からその効力があります。遺言には停止条件というのがあって、死亡したとしてもある条件が達成されるまではその効力が発生しないという場合もあります。この場合はそのある条件というのが達成された時点で効力を発揮するようになるわけです。

相続に関する対応は、基本的にはその人が亡くなった時点から考えなければならないものであるため、故人に対する寂しさや悲しみも冷めやらぬうちにその手続に追われる場合もあります。そうした場合には専門家に依頼される方がスムーズかつ迅速・正確に相続問題をクリアできるのではないでしょうか。

遺言の無効・取消し

遺言というのは法的な行為であるため、遺言をする意思や能力が無い人が遺言をしたり、遺言の内容が公序良俗に反するような内容であった場合には無効となってしまいます。また、遺言は最終的な意思を表すためのものであるということで、他の方的な行為とは性質が異なるという特徴があります。そして特徴についても異なった扱いを受けることになり、本人は自らの遺言を自由に撤回できるという特徴もあります。他にも遺言は代理に親しまない行為であるとも言われています。

遺贈

遺言においては、自分の財産のすべて、もしくは一部を誰かに相続させることができます。これは遺贈と呼ばれています。しかし遺贈においては、遺留分に関する規定に違反して行うことはできないという特徴もあります。

札幌の相続

札幌の相続でお困りの際は行政書士にご相談ください。

札幌で相続・遺言専門の行政書士事務所です。相続や遺言の悩みを解決いたします。お気軽にお問い合わせください。